自力推進。

漫画・小説の書評のようなモノ。映画・アニメ感想的何某。他

【映画感想】大切な情報はケツに隠せ!ー『ボーン・アイデンティティー』

ボーン・アイデンティティー (吹替版)

 

マルセイユ沖にて、意識不明の男が漁船に引き揚げられる。背中に二発の銃弾、そしてお尻に銀行口座を示すカプセルを埋め込まれた謎の男。意識を取り戻した男は自分が何者なのか、一切の記憶を無くしていた。

男は自分が何者なのかを確かめるため、尻に埋まっていたカプセルが示すチューリッヒの銀行へ。そこにあったのは銃、大量の各国紙幣、そして様々な身分を示すパスポート(パスポート写真は自分自身)

ジェイソン・ボーンは自らを狙う暗殺者と戦いながら、無くした記憶を追う。

 

 

と、サスペンスフルな導入のこの映画。話が進む中で、マット・デイモン演じる主人公ジェイソン・ボーンはCIAが進めていた『トレッドストーン計画』と言われる強化人間養成計画によって産み出された凄腕暗殺者とわかる。そしてジェイソン・ボーンはある暗殺計画を失敗したところが映画の冒頭に繋がる。そして、暗殺計画やトレッドストーン計画そのものの情報が漏れないよう、CIAはジェイソン・ボーンの命を狙うことに。

道中知り合った女性・マリーと共に、次々に追ってくる暗殺者と戦いながら、ジェイソン・ボーンは自らの記憶を取り戻そうとする。

 

 

過剰なCGやワイヤーアクションを使わず、生身のアクションにこだわったというアクションシーンは当然地味ながらリアリティは確かにある。アクション映画ではお約束的な錆びついて弱った足場シーンも、足場が崩れることはなく、あっさりジャンプして着地を決める。

序盤のチューリッヒでのカーチェイスシーンも反対車線に突っ込んだりと無茶な運転はしているのだが、玉突き事故を起こして炎上なんてことは起こらない。終盤でやっと追手のバイクが対向車にぶつかる程度だ。この映画を見る少し前に『ワイルドスピード』を見た自分にはこのカーアクションは何とも刺激の少ないものだったが、それが逆に緊迫感を演出しているようにも思えた。スーパーマン的超展開が無い分、少しのピンチにハラハラできる。

 

 

命を狙う暗殺者と戦いながら取り戻す記憶(=アイデンティティー)のお話かと思えばどうもそうでもないのか? と物語が進むにつれて考えさせられる。

この『トレッドストーン計画』出身の暗殺者は「絶対にミスを犯さない暗殺マシーン」と劇中で表現されるのだ。しかしボーンはマリーとの逃走劇の中で、彼女に特別な想いを抱き始める。彼女の前ではずっと眠れなかったはずが安心して深い眠りに落ちさえする。

つまりこれは訓練された殺戮マシーンが人としての心(=アイデンティティー)を獲得する物語なのだ!!と、途中ややテンションが上がったのだがその考えは物語終盤に否定される。。。

失敗した任務の記憶をボーンは取り戻すのだが、その失敗理由が「標的が家族(子供達)と一緒にいたから」

暗殺者一人を作り上げるのに3000万ドル(←記憶曖昧)も掛けた『トレッドストーン計画』の誇る殺戮マシーンが標的のファミリーを見て日和っちゃうとか育成大失敗やんか!

と思わず叫ばずにはいられないあんぐり展開です。ボーンは元々殺戮マシーンではなく、人としての心を残していたのですね。いやいや、マリーとの出会いで人の心取り戻す~的なベタな展開でよかったんじゃないの? とか考えたりもしたのですが。そういった物語的ご都合主義やベタな展開を否定した作品と納得すれば、なるほど一貫した作品と言えるのかもしれません。

 

 

と、一旦は畳んでみたものの、どうしても納得いかないというか、ツッコミを入れずにいられない部分がひとつ。

お尻から出てきた銀行口座を示すカプセルです。百歩譲ってケツに埋め込むのは良しとしよう。そしてそこから出てきたのが決定的な機密情報だとかならわかる。しかしそこから出てくるのはボーンの仕事道具だ。作中には他のエージェントが命令を受け、作戦に当たるシーンが挿入される。皆ボーンと同じく幾種類ものパスポートや武器を用意するシーンだ。しかしその誰もがケツにカプセルを埋め込んでいる例はない。そもそも銀行口座になんか預けていない。それぞれの隠れ場所に保管している。

納得がいかない!

さらにそのケツのカプセルは銀行の口座番号を示すものなのだがちょっと待て! たかだか10桁程度の数字ですよ? 作中にボーンは訓練された自身の特性として、レストランに入った際に駐車場の車のナンバーを全て暗記したとか言っている。それなのに10桁程度の数字が覚えられないと?

しかし結果として記憶喪失になってしまったボーンにとって、このケツに埋め込まれた口座番号から全てが始まるわけだから物語にとって必須のアイテムだったわけなのだが、、、

って記憶喪失ありきの物語上のご都合でケツにカプセル埋め込まれたボーンちゃん大丈夫??

と、ちゃぶ台ひっくり返したくなる映画です。

 

 

 

 

 

【第3類医薬品】間宮アロエ軟膏 50g

【第3類医薬品】間宮アロエ軟膏 50g